Robotic Crowd

Robotic Crowd

Salesforceに新規レコードを作成

Author: Kanako Takei 329 views

この記事では、Salesforceと連携して新規レコードデータを作成する方法について紹介します。

【できるようになること】

  • SalesforceCreateRecordを利用
  • Salesforceのレコードを自動で作成

 Salesforceの新規レコード作成

下記手順にてワークフローを設定します。
今回は「株式会社チュートリアル」の取引先(Account)レコードを作成する設定をします。

  • コネクションページからSalesforceのコネクションを登録します。
    連携手順:Salesforceと連携
  • アクション一覧から「SalesforceCreateRecord」アクションをドラッグ&ドロップします。
  • プロバイダID:パラメータ右横の「プロバイダIDを選ぶ」から選択します。
  • オブジェクト名:レコードを作成するオブジェクトの名前を入力します。
    【例】取引先オブジェクト:Account
  • 作成データ:作成する項目名と値を設定します。設定は以下のようにオブジェクト形式で記述します。(オブジェクト形式とは上記オブジェクト名とは別の用語です。詳細はこちらをご参照ください。)
{ 項目名: 値,項目名: 値}

※Salesforceのオブジェクト名や項目名は、Salesforceのオブジェクトマネージャーから確認することができます。詳細はこちらの記事をご参照ください。

アクションの実行が成功した場合はsuccessの項目が「true」と表示されます。

アクションの実行に失敗した場合は、エラー内容が表示されます。

# レコードを作成する
+salesforce_create_record_1:
  action>: SalesforceCreateRecord
  provider: sfdc_xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
  object: Account
  data: "{\n    \"Name\": \"株式会社チュートリアル, \n    \"BillingState\": \"東京都\", \n    \"BillingCity\": \"中央区\", \n    \"BillingStreet\": \"日本橋蛎殻町1丁目 13-7日本橋人形町プレイス5F\", \n    \"Phone\": \"0356140090\"\n}\n"
  meta:
    display:
      provider:
        type: chip
        label: 'Salesforce (xxxxx@tutorial.co.jp)'
        icon: salesforce

<Saleseforce>セールスフォース

このページは役に立ちましたか?