Robotic Crowd

Robotic Crowd

ブーリアン(Boolean)

Author: Asao Nakamura 255 views

この記事では、ブーリアンについて紹介します。

【できるようになること】

  • 「ブーリアン」を理解
ブーリアンを利用する場面

ある特定の条件Aを満たしている/満たしていない時に処理を分岐させたい場合は、条件式が必要となります。
ここで、「ある特定の条件Aを満たしている」、「ある特定の条件Aを満たしていない」という2つの状態(条件式の結果)を、プログラムの上では「ブーリアン」として表現します。

 ブーリアン(Boolean)

Robotic Crowdのアクションには、「ブーリアン」というアウトプットがあります。「ブーリアン」は次の意味を持っています。(一例)

  • True
  • False

これは、ExcelのIF関数の「真の場合」「偽の場合」に相当します。
プログラミングの表現にすると「Boolean」の真偽値に該当します。

参考:Boolean – MDN Web Docs

 

 ブーリアンアウトプット

Robotic Crowdに用意しているいくつかのアクションでは、実行結果としてブーリアンを出力するアクションがあります。

Compare以外のアクションについては、アクションそのものの実行が成功したか、失敗したかを指しています。

  • Compare:指定した条件を満たしているか否か
  • CloseBrowser:ブラウザを閉じることに成功/失敗
  • WaitForDownload:ダウンロードの完了を待つことに成功/失敗
  • GmailSend:Gmailの送信に成功/失敗
  • OutlookSend:Outlookメールの送信に成功/失敗
  • BigQueryImportCSV:BigQueryへのインポートに成功/失敗
  • SalesforceUpdateRecord:Salesforceのレコードの更新に成功/失敗

これらのアクションの実行結果は、後続のアクションのパラメータとして再利用することも可能です。
特に、Compareのアウトプットは、IF(条件分岐)のインプットに指定されることが非常に多いです。

<Boolean>ブーリアン

このページは役に立ちましたか?