Robotic Crowd

Robotic Crowd

シークレット

Author: Ren Murayama 64 views

この記事では、シークレット機能、シークレット設定画面について紹介します。
シークレット / パスワードの違いについても説明しています。

注意点

現状、シークレット機能を使っていても、ログには通常通り結果が出力されてしまいます。
デバッグ実行モードをオフにすることで、詳細ログ自体の出力を停止することは可能です。

例えば以下のようなケースが想定されますので、ご利用時はご注意ください。

  • 変数に「ID(シークレット)+別の文字列」を保存した結果が、ログに出力されている
  • サイトログインでIDを打ち込んだ結果、ログのスクリーンショットに入力後の画面が映っている

 シークレットとは

シークレットとは、ID・パスワードなどワークフローに直接記載したくない値を、
任意の名前で定数として呼び出せる機能です。

以下のような場合の利用が想定されます。

  • パスワードを他ユーザーでも設定できるようにしたいとき(直接パスワードは共有できない)
  • IDやアドレスなど秘匿したい情報があるとき
  • パスワード入力エリアでTypePasswordアクションが使えないとき
    ※TypePasswordアクションは、input[type=”password”]の要素のみ入力可能

 シークレット画面 / シークレット設定手順

シークレット用の定数は、以下の「シークレット」画面で管理します。
以下で、シークレット機能をワークフローで使う手順を紹介します。

「シークレット」画面で、新しく定数を設定します。

  • 「追加」をクリックします。


  •  定数を設定します。
    • キー(key) : ワークフローで呼び出す時の名前
      ※複数人でプロジェクトを管理する時は、設定者の名前などを含めておくことを推奨します。(後々わからなくなるため)
    • 値(value) : 呼び出したい値



  • 「作成」をクリックします。

一度作成したシークレット用定数は、更新することが出来ません。

一旦該当の設定を削除した後、改めて新規作成手順に沿って再作成してください。

削除は、「シークレット」画面のシークレット一覧から行います。

<Secret>シークレット

このページは役に立ちましたか?