Robotic Crowd

Robotic Crowd

ワークシートの範囲指定

Author: Asao Nakamura 212 views

この記事では、ワークシートでの範囲指定方法について紹介します。

【できるようになること】

  • ワークシートで範囲を指定して値を取得
  • ワークシートで範囲を指定して書き込み
  • ミドルウェアの指定
※ご注意※

この記事では、Excel(OneDriveに保存されていない)ワークシート操作時のセル範囲指定方法について紹介しています。
ExcelOnlineのワークブック操作時のセル範囲指定方法については、別途関連記事をご参照ください。

 A1記法による範囲指定

Robotic Crowdのワークシートアクションでは、「A1記法」の表記を採用しています。ワークシート名は記載せず、範囲のみの記載を行います。

 書き込み時の範囲指定

WriteRangeアクションを利用してセルの値を更新する時の範囲指定には、1つのセルを指定するだけで複数の箇所に書き込みを行うことができます。

一方、指定範囲より大きいデータを書き込もうとするとエラーになる場合が高くなるため、単一セルで指定しておく方法をおすすめしています
指定する単一セルは、書き込みたい範囲の左上の角にあたるセルを指定します。

 

※指定範囲より大きいデータを書き込む例

 書き込みがうまくいかない場合

WriteRangeやReadRangeにおいて、シート、値、範囲のパラメータを正常に指定しているにも関わらず、アクションそのものがエラーになってしまう場合があります。

// エラーメッセージの例
Cannot read property 'texts' of undefined

このような場合は、WriteRangeなどのExcel系アクションのパラメータ「ミドルウェア」に、xlsxと設定すると、解決される場合があります。

ミドルウェアの指定は、上記以外では以下のようなケースで役立ちます。

  • ファイルの拡張子が.xls
  • ファイルのサイズが大きい
<Excel>範囲指定/ワークシート

このページは役に立ちましたか?